騒音の発生を防ごう

大迫力のオーディオを設備する際の注意点

ホームシアターを楽しんでいると、近隣住民の方との間でトラブルが発生してしまうことが多いです。そのためテレビ視聴を楽しむためには、アンテナ工事やホームシアターの設置により発生する近隣住民への悪影響を解消する必要があります。

近隣住民への悪影響に関するQ&A

騒音はなぜ発生するのですか?
スピーカーの音は建物の隙間から漏れる空気音だけでなく、床や壁を伝って生じる固体音も併せ持っています。そのためスピーカーから発生する音が大きすぎると、音漏れが発生して近隣の方に迷惑を与えてしまう可能性が高いです。
音域によって騒音の影響は異なるのですか?
重低音は振動音として響いてしまう特徴を持っており、低音域の再生が可能なスピーカーを使用していると重低音がそのまま壁や床を伝ってしまいます。自宅で映画鑑賞を行なう際は、ボリュームの出しすぎに注意しましょう。
騒音レベルは住宅の形状で違いますか?
木造の住宅よりも鉄筋コンクリート製の住宅は壁が厚く、遮音性がとても高いです。しかし部屋の配置やスピーカーを置く場所によって音の伝わり方などは変化するため、ホームシアターを作る際は設置場所などに注意する必要があります。

簡易的な防音なら自分でもできる

住宅でホームシアターを楽しむためには防音工事を実施するのが最適ですが、工事には多額の資金が必要になります。現在では防音材や防音カーテンといった防音設備が一般販売されており、個人で防音対策を施すことが可能です。まずはこうした設備を使うことで住宅の防音性をアップさせ、音漏れが発生しない住宅を作ってからホームシアターの設置を行なっていきましょう。建築年数の多い住宅の場合は特に音漏れが発生しやすいため、入念な防音施工が必要になります。

TOPボタン